ほくろがコンプレックスなら施術を受けよう【肌の表面にある黒い点】

除去治療が必要な場合も

医者

紫外線に注意が必要

ない人はいないと思われるくらい、顔や身体のどこかに存在しているのがほくろです。素敵な美人と思われる人でも、顔にはないけれどお尻のどこかにあるとか、背中にポツンとあるなどしてその人の目印になる場合も出て来るものです。そしてこのほくろ、先日まではなかったはずだったに、いつの間にかその存在感を示して場合もあり、非常にやっかいなものとも言えこのほくろは黒子と書き、医学的な言葉では色素性母斑と言われるものですが、多くの人は黒子と呼び通じるものとなっています。黒子が出来る原因には、人は皮膚の細胞が影響して来ます。メラニン色素を含む細胞をメラサイトと呼び、このメラサイトが紫外線などから刺激を受け密集した出来、黒い塊となることから黒子と呼ばれます。そのため生まれた時からあるものとは限らず、年齢を重ねてからでも出来るものがあり、場合によっては注意が必要になることもあります。黒子が出来たことで、ガンの心配もあるからです。心配のある黒子は、左右が非対称であるとか、周りがギザギザ状態になっていたり、大きさが6センチにもなっている時は、ガンの可能性もあり病院へ行くことをお勧めします。ほくろ除去手術方法は、切除縫合法やくり抜き法、そしてレーザー治療、電気凝固法と言われるものが主となっています。患者さんは、血液検査をすると共にカウンセリングを受けることになり、手術の方法や経過の過ごし方などの説明を受け、手術の日が決まれば、当日までに必要なものを揃えることになります。手術の方法は、医師との相談となることが多いのですが、現在はレーザー治療が主体となって行われることが多くなっています。費用において、ほくろの大きさや数でも違いが出て来ますが、大きいことは保険が適用になるかならないかと言うことです。一般的な手術では、皮膚科等では保険適用になるのですが、保険適用にならない時も出て来ることがあります。そのため手術を行う前に、医師とキチンと確認をしておく必要があります。これが美容整形等ならば、自由診療となり保険適用外となることを知っておくましょう。皮膚科に問題がある訳ではありませんが、綺麗な除去を望む人は美容整形を選ぶことが多くなっているのも現状です。

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら施術を受けよう【肌の表面にある黒い点】 All Rights Reserved.