ほくろがコンプレックスなら施術を受けよう【肌の表面にある黒い点】

自宅でアフターケアをする

カウンセリング

申し込み方法をしっておく

ほくろは茶褐色や黒っぽい形状をしており、サイズが大きかったり、盛り上がっていたりする場合はコンプレックスを感じている人が多いです。首や顔などの目立つ部分にほくろがあると、容姿に悪影響が出てしまいますが、美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、レーザー治療や電気メスを使用し治療が受けられます。現代は医療技術が向上しているため、傷跡も目立ちにくいですが、施術後のアフターケアは大変重要です。電気メスを使用してほくろ除去をした後は、専用の糸を使って縫合をしています。施術後の仕上がりを美しくするためには、傷口に抗生剤などの外用薬を塗ったり、絆創膏などを患部に貼ったりしておく必要があります。皮膚に赤みなどが出ている場合は、3週間以上絆創膏を貼っておくこともあります。施術を受けた後は抜糸をする必要があるため、美容皮膚科に通院をする必要があります。安全性の高い医薬品を処方してくれるので、自宅でお手入れを続けることが大事です。肌色の目立ちにくい絆創膏を使用することが多いです。首や顔などのほくろが気になっている人は、良性なのか悪性なのか診断をする必要があるため、美容皮膚科や美容外科のクリニックで診察を受けたり、検査を受けたりする必要があります。検査の結果が問題ない場合は、レーザー治療や電気メスを使用した治療が受けられます。ほくろ除去手術を受けたい場合は、保険証や印鑑などを持参しておきましょう。同意書にサインをする必要があるため、書類の提出が必要です。専門学校生や大学生などの未成年の場合は、親の同意が必要なので同伴をしてもらって下さい。時間を掛けて診察やカウンセリングが受けられるので、費用がどれぐらい必要なのか聞いておくと安心です。費用の面でも相談しやすいクリニックを選ぶと、安心して通院ができます。ほくろ除去手術の当日は、完全個室の衛生的な環境で施術が受けられます。ほくろ除去は短時間で施術が終わるため、体に負担が少ないのが特徴です。施術を受けた直後はお肌がデリケートになっているため、日焼けを防ぐためにUV対策をしておく必要があります。

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら施術を受けよう【肌の表面にある黒い点】 All Rights Reserved.