ほくろがコンプレックスなら施術を受けよう【肌の表面にある黒い点】

簡単に除去が可能

顔に触れる女性

色や形が違います

肌の表面にある黒い点は一般的にほくろと呼ばれていますが、医学的には色素性母斑という名前があり、いくつかの種類に分けられます。全て色素性細胞というメラニン色素を持った組織が何らかの異常で一部分に集合したことが原因で起こり、その場所や規模に違いがあります。最も多く見られる小規模なほくろは、表皮に近い部分でただ単純に色素が集まっているために黒く見えているだけのもので、大体身体に数十個単位で存在しています。それが複数の層にかけて多く存在すると、色が変わる部分が広くなるだけでなく、隆起を伴うようになります。飛び出したことで摩擦などの刺激を受けやすくなるため、色素性細胞が活性化してより大きくなる可能性もあります。ほくろは肌の表面にできるのがほとんどですが、まれに肌の第2層の真皮近くで生まれる場合もあります。その場合は表面までの組織に阻害されて黒や茶といった色がストレートに届けられず、青みを帯びた見た目になります。これらのほくろは良性腫瘍に分類されるので、見た目が良くない点を除けば何も悪いことはありません。ただ見た目が似ている悪性腫瘍が同じ場所にできる怖れがあり、良性かどうかは実際に検査をして見ないと判別することは非常に困難です。ほくろは場所次第ではチャームポイントになったり隠せるところにある場合は良いですが、顔を始めとしてほとんどが見た目に良くない影響を与えるものです。なのでほくろを除去してしまうこと自体が大きなメリットを持っていて、非常に多くの人が皮膚科やクリニックで施術を受けています。そして施術時間が短いことも理由のひとつで、手術をする場合でも1日で終わり、レーザーになると1時間以内で完了します。また手術の場合は抜糸するまで1週間ほど保護する必要がありますが、レーザーはテープで隠せる上に、跡が一定の段階になると上から化粧も可能になります。早い時期でなくなった状態にできるので、日常生活に支障をきたすようなデメリットが少なく、気軽に受けられる点も大きいです。またほくろにはメラノーマという見た目が非常に似ている悪性腫瘍があり、その検査のついでに取ってしまうという例もあります。病気である心配をなくすと共に見た目でも影を潜めるため、精神的な安心感を得ることができます。

カウンセリング

選択基準を考えよう

ほくろ除去は周りの評判を基準に選ばれると、より良いクリニックを探せます。中にはお得に利用できる情報もあり、利用における不安を取り除ける情報もたくさん見つかります。クリニックでもカウンセリングが受けられるため、利用を検討してみましょう。

詳しく見る

医者

除去治療が必要な場合も

ほくろは、付いている場所によって美しく見える場合がありますが、付いて欲しくない場所に付くと、本当に除去したい気持ちにもなってしまうものかも知れません。またほくろによってはガンの可能性もあり、簡単に放っておく訳にもいかないものです。

詳しく見る

顔に触れる女性

事前に知っておくべきこと

痛みを伴うことがなく安心感があり、また充実したサービスが特徴のほくろの除去手術は近年において人気を博しています。費用相場もおよそ10,000円から20,000円くらいとなり、一部保険適用が可能です。つまり安心して、安く施術に望めます。

詳しく見る

カウンセリング

自宅でアフターケアをする

ほくろが顔や首などの目立つ部分にあると、美容皮膚科や美容外科のクリニックでほくろ除去の施術が受けられます。レーザー治療や電気メスなどの施術が受けられるので、施術後は仕上がりを美しくするためにアフターケアが大事です。

詳しく見る

医者と看護師

レーザー治療で消せる

ほくろを手っ取り早く消したいなら、レーザー治療がお勧めです。美容皮膚科ならすぐにレーザーで消してくれます。とても簡単な治療ですが、経過観察はしっかりと行い、患部を刺激しないようにケアをすることが重要です。

詳しく見る

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら施術を受けよう【肌の表面にある黒い点】 All Rights Reserved.